読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とご飯の記録

食と本に纏わることを主に日々のありのままの私。続く限り徒然に。

幸せを望む

偽善かもしれないけれど、私と出会った人に私と出会ったことを、過ごした時間を無駄だと感じてほしくないと思っていて。


それが旅であり、ご飯や飲み会であったり、形は色々だけれどそう思っていて。


だから
少々のメールや連絡、少々の時間は相手がしたいならと思ってするわけなんたけれど
これ完全に偽善かもしれない。


*

なぜそんなことを思ったかというと、朝からブチ切れてしまって(笑)


最近、恋愛してなさすぎてもうわかるんですよ。

あ、この人今恋してるな
とか
この人今落ちたな
とかそういう瞬間。


それをきっとうまく使えるといいのだろうけれど
私はひとまず、「恐怖」を感じてしまう。


やべ!!!!的な。


アラサー女として終わってる。笑


「別にLINEくらいいいじゃん」
「そんな深刻に捉えなくてもさ」


別にお前のことなんて好きじゃねーよっていうその発言。
昔、私もしたことがあったなぁって思い出す。


好きだから連絡とりたくて
でも返事がこなくても仕方ないと思いながら、携帯握りしめて
どれだけつれない返事でも返事がくるとすごく嬉しくて
でも、もうメールしてこないでとか強制フェードアウトされたこともあって
思わず言ったよね。

「別に付き合いたいわけでもなかったし」

「別にメールくらいだし」


*

なんの強がりだ。笑


*


自分が苦しくなる寸前まではまだ偽善してもいいかな。

何が善で、何が偽善で、何が悪なんだろう。


*

何が幸せなんだろう。
幸せになれますように。笑