読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とご飯の記録

食と本に纏わることを主に日々のありのままの私。続く限り徒然に。

かけら

読書

かけら

かけら



青山七恵さんの短編集。
読みやすい短編が3つ入っています(^^)


表題になっている「かけら」。

別れた恋人のことを思い描く「欅の部屋」

若い夫婦とその姪の形を描いた「山猫」。




どれもどこかなんとなく切なくて、
どこか自分の日常と似ていて。


何気ない日常の光と影。


青山さんの作品のイメージって私の中では、紺色なイメージ。
濃紺。

清楚で、しっかりとしていて
でも表面ではわからない奥深くに潜むものを表現されているところがしっかりあるように感じます。


 多分、ご本人も清楚で大人しいタイプの方なのでは…?
とか勝手に想像してみたり。

読むと気持ちがしっとりします。
女性にお勧めかもしれません(^^)