本とご飯の記録

食と本に纏わることを主に日々のありのままの私。続く限り徒然に。

よだかの片思い

よだかの片想い (集英社文庫)

よだかの片想い (集英社文庫)


図書館で借りました。

島本理生さん、好きなんですよ〜。
この記事でも書いてますが!




けれど、島本理生さんの作品って暗かったり
少し歪んだ愛情だったり、切ないものが多いから読むまで少し気が重くて。


読まずで返そうかとも迷うくらい気が重くて。笑


けれど、これはめちゃくちゃ読んでよかった!!!!!
ナラタージュ以来の感動。
いや、それ以上かも。


やっぱり島本さんは切ない恋愛を書かせたら、ピカイチすぎる。


多数派って、ほとんどが自分で考えて答えを選んでるんじゃなくて、右に倣えの人たちですから。(中略)普通が何を指すのか知りませんけど、そんなに素晴らしいもんでもないと思いますよ。