読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とご飯の記録

食と本に纏わることを主に日々のありのままの私。続く限り徒然に。

僕の好きな人が、よく眠れますように

僕の好きな人が、よく眠れますように (角川文庫)

僕の好きな人が、よく眠れますように (角川文庫)



私の大好きなInstagramのフォロワーさんが読まれていて、素敵な題名と装丁に惹かれて。
ちょうど図書館であったし。


私はよく不倫してそうと言われることも多いし、
既婚者の方からお食事に誘っていただいたり、ご馳走になったりすることもあるけれど
そこは既婚者の方の全て責任の上で行かせていただいてるんですよね。


中にはちょっと本気気味な方もいらっしゃったりするけれど
そんな人たちだって、家庭や子どもを失うことまで落ち着いて考えられてなくて
ただただ、自分の感情でその時動いてるだけ。

だから、危なげなくなったらその方向性を示しているつもり。


奥様の愚痴も聞くし、お子さんの子守りや遊び相手にもなる。

けど
自分からは誘わないし、連絡しない。



私の自論だけれど
不倫はおままごとだと思うのです。


二人だけの世界でしか成り立たない世界



そういった点からも
この作品の女の子の姿は無責任だし、私は気分が悪くなった。


恋愛は順番制なんだ。
好きの度合いじゃない。
出会ったタイミングと順番。



でも
純粋に人を愛することの素晴らしさに溢れた作品だったなぁ。

その人と過ごしてる自分が一番好きかぁ…。
いい言葉だなと思います。