本とご飯の記録

食と本に纏わることを主に日々のありのままの私。続く限り徒然に。

考えすぎとは?

一昨日かなー?
仕事終わってから、夜職場に行って練習するつもりが
Sさんと話し込んでしまった(´・_・`)

しかも2時間近くも。笑

事の始まりは、今日ある予定だった後輩の歓迎会の話。
そして、そこから趣味の話へ。

50歳を過ぎても独身貴族なSさんはさすが多趣味。

スキーやボード、登山に社交ダンス。
タップダンスや民族楽器。

毎年行くボードやスキーでは、自然と顔見知りや仲間ができて
年々行くのが楽しみになっていったんだって。
知り合った頃、高校生だった子が気付いたら結婚して子供が産まれたりとかね(^^)

何か素敵だよね、そーゆーの。

人と話すとそういう刺激があるから楽しい。

Sさんはきっとただただ、自分が楽しいと思う事を追求してきたら
きっと今になってたんだろう。

世間体を気にして
年齢に対しての結婚とか出産にとらわれる事なく生きる姿
あたしはすごく好きだなと思う。

男とか女とか、愛だ恋だとか
世の中はそういうことばかりに騒がしいけれど
そんなことにばかりとらわれる事なく、やっぱりあたしは生きていきたい。

周りに色々言われて
ぐしゅん!って潰れそうになったり
グラグラしたりするけれど、結局いつも戻ってくる場所は同じ。

そんなSさんに考えすぎって言われた。笑

けど
Sさんみたいに気付いたら年を重ねてたとは私はなりたくないんだ。

ちゃんといつだって胸に野望を抱いていたい。

ただただ楽しいだけじゃなくて、苦しい時に歯をくいしばることも必要。

だからこそ楽しみに色が出る。

気がついたらこんな年!はやだなぁ。

はたから見たら、考えすぎかもしれないけれど
別に私はこれでいいのかなと。

人はみんな好き勝手言ってくるけど
それにどれだけの意味や価値があるのでしょう?

迷えるアラサーであります。笑